健康油

MCTオイルとは?原料は安全なの?効果や摂取量など使い方まとめ

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%オイル)

MCTオイルが糖質制限ダイエットの定番アイテムとして、人気になっています。

テレビでもたびたび紹介され、芸能人がMCTオイルでダイエットに挑戦して成功しています。

MCTオイルとは何なのか、効果や摂取方法などをまとめました。

 

オススメの MCTオイルを探していて、すぐに教えてくれという方は、この記事の最後をご覧ください。

 

 

MCTオイルとは何?効果は?

MCTオイルは、無色透明で、油としてはわりっとサラッとしたオイルです。

MCTは、Medium Chain Triglycerideの頭文字で、中鎖脂肪酸のことです。

一般的な食用油(サラダ油、キャノーラ油など)に含まれているものは長鎖脂肪酸で、中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸よりも結合が短い脂肪酸です。

 

結合が短いとどうなるかというと、人の体に入って消化吸収されるのが早くなります。

素早くエネルギーに変わるので、脂肪になりづらいというわけです。

 

 

中鎖脂肪酸を多く含むオイル

中鎖脂肪酸を多く含む食品にココナッツオイルがあります。

ココナッツオイルは、 MCT(中鎖脂肪酸)を60%くらいの割合で含んでいます。

 

この60%という数字は一見高く見えますが、ココナッツオイルよりも高い割合で MCT(中鎖脂肪酸)を含んでいるのが、 MCTオイルです。

MCTオイルは、なんと中鎖脂肪酸100%なんです。

すごいですよね。

 

でも、 MCTオイルは何を原料にして出来ているの?って思いませんか?

ココナッツオイルは、名前のとおりココナッツが原料なんですが、MCTオイルは何でできているのでしょうか?

 

 

MCTオイルの原料は?何で出来てるの?

MCTオイルは、ココナッツ、パーム核といったものが原料になっています。

 

ちなみに、パーム油とパーム核油は別の性質のものです。

パーム油は、トランス脂肪酸が含まれています。トランス脂肪酸は、心臓疾患などのリスクがあると言われており、アメリカでは規制されています。

パーム核油は、まったく別の性質なので、その点は安心してください。

 

 

MCTオイルダイエットのやり方

MCTオイルはダイエットに役立ちます。

テレビのダイエット選手権でも、MCTオイルダイエットに取り組んだ芸人たちが1位になりました。

MCTオイルダイエットのやり方は簡単で、食事にMCTオイルを取り入れて摂取するだけです。

食事中、もしくは食事前が摂取するタイミングとしてはオススメです。

MCTオイルを摂取することで、糖の摂取を抑えることができます。

 

 

MCTオイルの飲み方・使い方と摂取量

MCTオイルの使い方ですが、コーヒーに混ぜたり、サラダにかけたりして食べるのが摂取しやすくオススメです。

一回の摂取量は、12g〜20gくらいが理想かなと思います。

(糖質制限食の先駆者である医師の江部康二さんも一回の摂取量として、これくらいの量をオススメしています。)

 

※注意点

MCTオイルは発煙点が低く、炒め物、揚げ物といった調理に使うことはできません。(煙が出てしまいます。)

 

 

MCTオイルの副作用 下痢の原因と対策

MCTオイルは、飲み慣れていない方が飲むと、お腹を下すことがあります。

お腹を下した場合は、摂取量を減らして様子を見てください。

慣れてきたら、再び量を増やしていくといいでしょう。

 

 

MCTオイルの楽天市場、amazonのおすすめ商品

MCTオイルは、中鎖脂肪酸100%のオイルなので、正直どれを選んでもそれほど味に違いはありません。

なので、コスパで選ぶのがいいかなと思います。

 

楽天市場のおすすめMCTオイル

 

amazonのおすすめMCTオイル

LOHAStyle MCTオイル 中鎖脂肪酸100% 450g

新品価格
¥2,160から
(2018/11/13 22:05時点)

楽天市場、amazonともに、こちらの商品が量に対してお値段がお安いのでオススメです。

私もこのMCTオイルを、コーヒーに入れて飲んでいますよ。